カラオケで自分の声を録音する方法!気持ち悪い理由とは

自分の声録音の説明ページトップ画像

今回は、カラオケ上達する上で誰もが通る道である、「自分の声がキモイ現象」について書いていこうと思います。

聞きたくなくても、録音して聞くことはカラオケ上達の近道ですので、カラオケの録音方法についてもまとめていきます。

なぜ録音した声は気持ちわるいのか

あなたは自分の本当の声を聞いたことがありますか?

いつも聞いている声だから当たり前と思うかもしれません。

しかし、普段人は自分の本当の声を聞けていないのです。

なぜかというと、人は声を発するとき、声帯を振動させ、その波を口から出して空気中に音を流します。

周りの人が聞いている声はこの音だけです。

しかし、自分には、外の空気中を伝わる声とあわせて、声帯から骨を伝って聞こえてくる音も混ざります。

それが理由で、普段の聞きなれた自分の声と、録音された自分の声とではギャップが生じるのです。

録音した自分の声が気持ち悪い理由
・自分の認識→骨伝導の音も混ざっている声
・録音した声→骨伝導の音が含まれない

カラオケで自分の声を録音するメリット

歌が上手くなりたいと思ったとき、まず初めにするべきことは、自分の本当の声を聞くことです。

歌は人に聞かせる物ですし、「歌が上手い!」と自分で自己満足するよりも、人から言われたほうが嬉しいですよね。

歌が上手くなるには周りの人が聞いている自分の本当の声を理解した上で、良くしていかなければならないです。

ただし、初めて自分の声を聴くときは「何この声、気持ち悪っ!」と絶対に思います。

落ち込まないように、心して聞きましょう。

それに、あなたが感じている程、周りの人は気持ち悪いとは思ってないので大丈夫です。

カラオケを録音することのメリットは以下の通り

客観的に自分の声を聴ける

カラオケ上達のためには、自分の声を客観的に聞いて評価し、改善していく必要があります。

  • 自分では音程を取れていると思っているのに、録音を聞いてみたら外れている。
  • 気持ちよく歌っているけど、録音を聞いてみたら歌い方のクセがすごい。
  • めっちゃ声震えてるじゃん。

など感想は様々だと思いますが、録音して聞かないと気づけなかったことです。

録音して課題が明確になったら改善していくように練習していきましょう。

普段出しなれていないミックスボイスの練習では、是非取り入れた方が良いですよ。

ミックスボイスの出し方トップ画像

ミックスボイスの出し方!裏声からの感覚やコツ

2020年8月18日

カラオケの復習ができる

自分のカラオケ録音を聞き直すことで、前回はどこで音程を外したのかなど、復習することができます。

自分の苦手な音程や音階の運びがあり、毎回同じところで音程を外してしまうというのも見えてくるでしょう。

それは聞いている人も同じことを思っているということです。

自分の成長を感じることができる

繰り返し録音していると、少しずつカラオケが上手くなっていくのがわかります。

あまり聞きたくないかもしれませんが、私の場合は通勤途中などに音楽代わりに聞いて復習することも多々あります。

モチベーションUPツールとして

初めて聞いた時は自分の声の気持ち悪さにがっかりするものですが、徐々に成長していくのを感じると、カラオケの録音は逆にモチベーションUPツールに変貌します。

同じ曲でも、原曲では毎回同じですが、カラオケ録音であれば歌い方が毎回違いますので飽きにくいというのもあります。

決して上手くなくても、自分の中では上手く歌えた!というポイントを見つけると嬉しいですよ。

カラオケの録音方法一覧

ここからはカラオケを録音する方法を記載していきます。

ICレコーダーを使って録音

私のおすすめですが、ICレコーダーによる録音が一番です。

スマホの録音よりもマイク感度も良いですし、録音も物理ボタン一個で開始できて楽です。

スマホは高機能で素晴らしいアイテムですが、一つのことにのみ使用するなら、それに特化したアイテムを使う方が意外と快適です。

物理ボタンでの録音なので、ICレコーダーを見なくても手探りで録音スタートできますし、非常にスマートですよ。

おすすめは私も愛用しているSONYのICレコーダーです。

私が愛用しているのはこれよりも古いバージョンですが、もう5年以上壊れることもなく現役です。

空間で聞くのと、マイクで直接録音するのとでも音が違います。

一緒にカラオケにきている人が聞いてる音に一番近いのは、ICレコーダーで空間録音した音だと私は考えています。

DAMやJOYSOUNDの機能を使う

カラオケの機械にも録音機能が備わっています。

ただし、無料ですが会員登録が必要です。

DAMであれば「DAMとも」
JOYSOUNDであれば「うたスキ」

というサービスになります。

もし精密採点の点数を上げたいというのが目的であれば、これでの録音がおすすめです。

理由は、精密採点画面も一緒に保存できるため、後から採点画面(採点バーに対してどのような音程だったかなど)を見ながら録音を聞くことができて、復習になります。

録音だけでなく録画もすることができますし、マイリストの作成など、他にも機能が盛りだくさんですので登録していて損は無いです。

DAMのカラオケ現行機種一覧と説明

2020年8月18日

JOYSOUNDのカラオケ現行機種一覧と説明

2020年8月18日

iPhoneやAndroidの録音機能を使う

スマホには純正でボイスレコーダーアプリが入っていたり、入ってなくてもフリーのボイスレコーダーアプリはたくさんあります。

専用のICレコーダーに比べれば音質は劣りますが、とりあえず自分の声を聴いてみたいという方はこの方法がおすすめです。

ほぼ確実にみなさんお持ちですし、持ち歩いてもいるはずなので。

DAMやJOYSOUNDでCDへの録音

DAM系であれば専用のCDがあり、CDに直接録音することもできます。

少なくともLIVE DAM以降なら大丈夫かと思います。

ただし、CDに録音するには下記条件があります。

DAMのCD録音条件
・別売りの専用CD「カラオケCDプレス」が必要
・CDドライブ設置の部屋じゃないと録音できない

操作も少し面倒ですので、イベントで流したり、何かに応募する時にCDじゃないといけない場合以外は、ICレコーダーの方が手軽でおすすめです。

残念ながらJOYSOUNDにはCD録音機能は無さそうです

まとめ

  • 自分の声が気持ち悪いのは、骨伝導によるギャップ
  • 自分の歌声を録音することはカラオケ上達する上でメリットが多い
  • 録音するならICレコーダーがおすすめ

以上、ましゅーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。