カラオケのキー調整機能とは?男女別おすすめ調整方法(合わせ方)!!

キー調整についてトップ

今回はカラオケのキー設定について記載します。

どんな曲でも自分の歌いやすいように調整できてしまうのがカラオケの醍醐味の一つです。

正しく理解しキー設定を行えれば、歌いやすくなり、カラオケをもっと楽しむことができますので、以下記事を設定するときの参考にして頂ければと思います。

キー調整機能とは?

カラオケ機器には必ずキー調整機能というものが付いています。

これは、人それぞれ声の高さが違うため、その人に合った音の高さに調整するための機能です。

キー調整を使用する場面の例
①歌の音域が高くて辛い時にキーを下げる
②女性が男性曲を歌う時にキーを上げる
③男性が女性曲を歌う時にキーを下げる

といったところでしょうか。

自分の歌いやすい音域に調整することで、よりカラオケを楽しむことが出来ます。

カラオケ機種により表現方法は違うのですが、

キーを低くする場合ーか♭

キーを高くする場合+か#

で表現されます。カラオケ機器本体やリモコン(デンモク等)に上記のような記載がありますので是非使ってみましょう。

キー変更でどのくらい高さが変わるの?

+1(#)-1(♭)で、曲全体的に半音上がったり下がったりします。

たとえば、歌のある部分の原曲の音が「ファ」だったとします。キーを+4(#4)変更すると、その音が「ラ」になるように、曲全体のキーが上がります。

キー調整4

ちなみに、同じ音の間(ドと次のドまでの間など)をオクターブと呼びます。

キー調整の範囲内で調整しきれない場合は、1オクターブ上や下で歌うことで調整することもできます。

オク下ページトップ

オク下で歌ってませんか?!オク下判定と治し方!

1オクターブキーを上げるには、理論上は+12(#12)となります。

例えば上の画像で、ファを+7(#7)したい場合、キー設定だけでは調整しきれませんので、ファを-5(♭5)して1オクターブ上で歌うことで、結果+7(#7)にすることができます。

おすすめのキー設定方法

以下それぞれのパターンごとに、おすすめのキー設定方法を具体的に記載していきます。

自分と同じ性別歌手の曲を歌う場合(男女共通)

この歌高くて出ないな!」と思ったら、とりあえずキーを-2(♭2)-3(♭3)してみることをオススメします。

1個だけだと大して変わらないので。

女性が男性曲を歌う場合

キーが低くて歌いにくいことが多いと思います。

とりあえず+3(#3)してみて、まだ低い場合は+5(#5)くらいまで上げましょう。

それ以上 上げたい場合は、逆にキーを-(♭)して、オク上(1オクターブ上)で歌えばOKです。

あまりキーを上げすぎたり下げすぎたりすると音楽の高さが原曲から変わりすぎてしまい、違和感が出てきてしまいます。

また、高さが変わりすぎると最初音程を取りづらくなるので気を付けましょう

ちなみに以下記事で「オク下」について解説しています。

オク下ページトップ

オク下で歌ってませんか?!オク下判定と治し方!

男性が女性曲を歌う場合

キーが高くて歌いにくいことが多いはずです。

男性にとって女性曲はかなり高いので、原キーのままオク下で歌うのが手っ取り早いです。

キー設定したいならとりあえず-3(♭3)からチャレンジしてみましょう。

もしくは女声を習得して両声類になるのも良いかもしれません。

女声の出し方

ナチュラル女声やアニメ声の出し方!男が両声類になる方法

正確に自分に合ったキーに調整したい場合

自分の声の音域をチェックしておくと、正確に自分の音域に合わせてキー調整できます。

例えば、自分の声の音域の最高音がhiAだったとします。秦基博さんの「ひまわりの約束」を歌いたい場合、この曲の最高音はhiA#ですので、キーを1個下げれば自分に合った音域になります。

hiAとは何ぞや??という方は以下の記事を参考にしてください。

声域チェックページのトップ

音域測定して声域チェック!音階の二つの呼び方も!自分はあの曲歌えるの??

自分の音域(声域)のチェック方法についても詳しく解説しております。

あくまでも原キーで歌いたい人

ミックスボイスを習得することで高い声も出るようになります。

楽に高い声を出せるようになると、長時間歌っても疲れませんし、何よりも歌いたい歌をほぼなんでも歌えるようになるので、すごく楽しいですよ。

初心者向けミックスボイスの出し方!裏声から出す感覚やコツまとめ

以上、ましゅーでした。

ページをシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。